家族葬でゆっくりと大切な人をおくりたい

家族葬を選ぶ人はこんな方

家族葬はゆっくりと大切な人をおくりたい、という人が選ぶことが多いお葬式です。
最近はお葬式を大きなものにしたくない、という人も多くなってきています。
お葬式のときというのは、亡くなった方のご遺族がとても忙しくなって悲しみや思い出を感じる時間もないほどあわただしくなってしまうので、亡くなった大切な人との時間をゆっくりと感じていたい、という人が増えてきているのです。
家族葬は、そんな人たちにとても人気があって、大切な人と最後はゆっくりと一緒に過ごしたい、という人が生きているときから希望することも多い葬儀の仕方でもあるのです。

忙しくして大切な人との時間を失いたくない

家族だけでゆっくりと過ごすことにしたい、という気持ちはとても理解できるものですし、最後の時間、亡くなった人のそばで思い出のお話を共有できる人とゆっくりと過ごして心を落ち着けたい、という人はたくさんいます。
せわしなくしているほうが悲しみを感じなくていいから、という人もいますが、後で思い切り泣ける時間を大切にしたい人と家族で一緒に思い出に浸りたい、という人は同じ思いです。
大切な人をきちんとおくってあげたいのです。

家族葬なので普通の葬儀とは少し違います

家族葬には普通のお葬式とは少し違うものがあるのですが、それはお葬式に参列した人以外からは香典などをあまりいただかないものなのだそうです。
その葬儀のご家族にもよりますが、あまりいただく方は多くないようです。
ご仏前などの供物もあまりいただく方は多くないようです。
もしどうしても、というときにはお花を渡すのが一番無難です。
家族葬は家族や親族の少人数で行うものなので、突然訪問したり、招かれていないのに出席したりするのは絶対にしてはいけないことなのです。
もし、親族だけれど招かれていない場合は、お花や乾きものなどを渡すのがいいということなのですが、できれば会う機会があったときにでも、声をかける、ご仏前で手を合わせるなどで十分気持ちは伝わるものです。