密葬から生まれた家族葬について

家族葬を行う上での注意点

大切な家族が亡くなってしまった時、とても辛いですが悲しんでばかりもいられません。
葬儀の準備を進めていかなくてはなりませんが、葬儀にも様々な形式があります。
中でも最近行われる事が多い「家族葬」という言葉を聞いた事があるでしょうか。
身内や親族、ご友人などのごく親しい間柄の人達だけで執り行う葬儀の事をいいます。
密葬と同じであると解釈する場合もありますが、実際は少し意味合いが違います。

家族葬の元になった密葬との違い

密葬の場合には後日改めて本葬を行うという場合が多いようです。
葬儀が大規模な物になる場合にはそれなりの準備期間が必要となってきますので、先に密葬という形で通夜と葬儀を行い、火葬まで終えてしまいます。
そしてしかるべき準備をした後に本葬を執り行うのです。
しかし密葬とはこういう物であるという定義がある訳ではないので、密葬だけで葬儀全てを終わらせても間違いではありません。
最近では家族だけで静かに見送りたいという要望が増えて来た事や、宗教や宗派に強いこだわりを持った方が少なくなってきたという点で葬儀の簡略化を求めるケースも多いようです。

家族葬とされる葬儀の特徴

家族葬では亡くなった方の身内や縁の深かった方達だけの出席ですので出席者が少人数です。
悲しみに身も心も疲れ果てているご遺族の方には負担が少ない葬儀とも言えます。
葬儀は費用や内容に疑問が多いという指摘を時折耳にする事がありますが、家族葬は小規模な式になりますので、故人の遺志やご遺族の葬儀に対するご希望を葬儀社のスタッフに伝えやすく、疑問や不安に対する相談もしやすくなります。
葬儀の費用も通常の葬儀より低く抑えることができる場合が多いです。
しかしどのような形式の葬儀であっても、故人とのお別れに心残りがあってはいけません。
信頼のできる葬儀社に相談しましょう。