葬儀に出る時の身だしなみに気をつけましょう

葬儀は大人になれば誰でも経験する冠婚葬祭です

人生の中で避けて通れないものとして、葬儀があります。
故人に想いを寄せながら、喪服などのマナーを守って美しく着こなしたいものです。
けれども、服は喪服を着ることが礼儀ですが、その他のヘアメイクやバッグなどの身だしなみでどのような決まりがあるのか知らないことが多いものです。
ここでは、葬儀に出るときの身だしなみの注意点をお教えします。

女性が気をつけるべき服装のポイント

まず、ヘアメイクは、後ろですっきりとまとめるようにしてください。
そして、髪飾りは避けるようにしてください。
長い髪をまとめるには黒いゴム、黒いバレッタを選ぶといいです。
そして、鞄選びのポイントは、黒で金具がないものがいいです。
また、飾りがバッグについている場合でも、黒い地味な刺繍や派手なデザインでないなら、付いていても問題ありません。
絶対に避けなければいけないのは、アニマル柄や爬虫類の革です。
これは殺生につながるとされています。
そして、ストッキングについてですが、季節にかかわらず黒が正式となります。
冬の寒い時期は、黒の無地のタイツを履いても大丈夫です。
ラメ入りはストッキングもタイツも不可となります。
そして、靴は黒で金具がなく、光沢のないものを選ぶようにしてください。
これもヘビやワニの模様は、殺生を連想させるので控えるようにしてください。
女性のヒールは、3センチから5センチ程度の低いめで太めのものがベストです。
葬式会場は静かで、ヒールの音はとても目立ちます。
よって、ヒールの音の鳴らない靴を選びましょう。

男性はスーツでOKですが、細かな注意点があります

また葬儀で雨が降っている場合の傘についてですが、黒、濃紺、グレーなどの地味な色でシンプルなデザインのものを選ぶようにしてください。
派手な色柄の傘は避け、透明なビニール傘でも構いません。
以上のマナーは、初七日、四十九日、初盆、一周忌などの法事にも共通します。
参考にしてください。